くらべて読む聖書

くらべて読む聖書」は、カンノ家族と仲間たちによる 聖書の分析と連想の記録

504 videos / 2,251 whiteboards

last updated on 2016/12/06


聖書分析


聖書連想


年月別



■「くらべて読む聖書」は、カンノ家族と仲間たちによる聖書の分析と連想の記録である。カンノ夫妻は、6人の子供を聖書教育ホームスクールで育ててきた。1994年、詩篇一週一篇の学びからはじめて、「くらべて読む」方法に導かれ、2006年からは、同じ手法で福音書にとりかかり、使徒行伝、新約聖書の手紙すべてと黙示録、創世記、そして、2010年には、再度、詩篇にもどって詩篇巻物全体の配列構造を分析。2014年には21通の手紙の配列構造を発見。モーセの律法と手紙を再分析中。「仮題:くらべて読む聖書」の出版に向けて準備中。

■まず記入用聖書を準備し、色鉛筆を手にして丹念に同じ言葉に色を塗り、同義語、反意語、定型文を手がかりに、段落を区分し、段落の間のつながりを連想し、全体像を把握していく。時間のかかる作業ではあるが、聖書を聖書で読んでいる実感と、さまざまな発見に導かれて、蜜と乳の流れる聖書の旅となっている。

■また、同時期にはじめた聖書通読は、聖書の学びの両輪である。52週通読表に沿って、メーリングリストでノートを共有してきたが、新たにTwitterで「いっしょに読む」ことを始めた。iBibleApps次世代子供たちのプロジェクト。

■「くらべて読む」のに、難しい特別な知識や経験はいらない。ふつうのクリスチャンが親子で一緒に学べる方法である。この学びの記録が、私たちだけではなく、主を愛する兄弟姉妹のために励ましとなることを願っている。
主の命じる命令は、私たちとってむずかしすぎるものではなく、遠くかけ離れたものでもない。まことに、みことばは、私たちの口にあり、心にあって、私たちはこれを行うことができる。

主よ、どうぞ、私たちを教え導いてください
(2016.1.30+カンノカズヒコ @kannokazuhiko


Copyright 2000-2016 kurabeteyomu.com